販売業のブラックさに嫌気が差しホワイトに転職

ジュエリーの販売は、店舗でのブライダル関係やリーズナブルな価格の物から高級といわれるような宝石類の販売、月に一度行われる展示会(ホテル等で行われる販売会)への勧誘、会場での販売。キャンペーン用の販促物の作成、個人での顧客管理を主任の立場で行っていました。

食品の販売は、接客(レジ・サッカー作業・試食スタッフ・商品のご案内・クレーム対応等)・商品の発注・在庫管理、店内のディスプレイの作成、アルバイトスタッフの教育、輸入商品の勉強会、イベントの企画、売り上げ管理。

前職は基本給が低く、インセンティブ等で給与が大幅に前後するため経済状況が不安定でした。個人での顧客管理のため、時間外に顧客を対応しなくてはならないことが多いが休日出勤したことにはならず、手当等もつかないため、結果サービス残業が多い。ノルマが厳しい。女性が多い環境なので人間関係が難しい。自分はたまたま成績がよかったので聞く側だったが、上司の成績の悪い人への悪口がすごかった。自分もいつ、言われる側になるかと思うと嫌になった。

転職サイトへ登録をして毎日メールや転職サイトをチェックしていました。転職活動はだいたい四か月程行いました。
休日はハローワークへ行き仕事を探しました。なるべく多く面接をして自分に合う仕事を吟味しました。
転職活動中は職場の人間には誰にも言わず、内緒で行いました。本当に信頼できる同僚のみに伝えアドバイスをもらっていた
友人に相談したり以前していたアルバイト先の上司などにも相談して選びました。

参考:残業代出ない会社辞めて当たり前!
ホワイト企業を探したいならまずはしっかり残業代が貰えて、土日休み、完全週休二日といった待遇が完璧に履行されている会社が良いでしょう。